信用保証協会のメリット

 
今回の記事に関するお問い合わせはこちらからお願いします。

 

皆さんこんにちは!

経営資金に悩んだときに一番最初に見るサイトを運営しております山本将司です。

前回までは自己資本比率や債務者分類のお話をしました。

私がここを詳しくお話するのは

融資を調達するには相手(銀行)のことを勉強しておかないと

充実した交渉ができないからです。

今回は【信用保証協会】についてお話します。

信用保証協会のメリット

この保証協会付融資というのは全国共通の商品になってます。

優良企業や大手企業でかなり潤沢に預金を持っているお客さんは保証協会を

使うことってあまりないと思います。

しかし、いろんな会社さんも最初から大手企業になったわけじゃないので

保証協会付融資を利用しながらも大きくなってきているというケースが結構多々あります。

なので信用保証協会付融資というのはかなり大きな金額まで利用できます

保証協会付融資は保証料が発生します。

だから自分の借入金に対して保証料を支払うと損した気分だなと思う人が結構多いんですが

実は、保証協会付融資だからこそ、審査のスピードがあがる・金利が安くなっているという

メリットもあります。

プロパー融資の話をこれまでしてきましたが、実は保証協会付融資の方が基本なんです。

 

銀行側のメリット

銀行側のメリットは保全です。

銀行が扱うお金は預金者のお金です。

預金者のお金を融資してるので万が一にも焦げ付いてはいけないです。

だから保全というのはかなりきっちりとっていかないといけない。

もう1つは審査のアウトソーシング化があげられます。

前回、銀行の融資は誰がどのように決めてるの?という説明をしました。

支店長に話をして、そのあとまた本部に話を持っていき、何度も同じ内容を協議して

最終的に融資がOKになります。

これだと、すごく時間がかかるんです。

ですが、保証協会の審査は事前照会というものがあります。

実際こんな会社なんですけど大丈夫ですか?という相談を電話や書面で事前に聞いてますので

各銀行ごとの融資提携枠があったり、一定のスコアリングがあったりします。

決算書を入力して「この点数以上であると大丈夫です」という一定の基準があるので

スピーディーな審査ができます。

Bis規制

以前、自己資本比率を計算するのに銀行の自己資本比率というのは

(資本÷融資金残高)と説明させてもらいました。

その中で保証協会付融資の1番のメリットはここです。

仮に自己資本が10万円と考えたときに、保証協会付融資が例えば1000万円融資しました

となると、分母に入れる部分は100万円でよくなります。

保証協会付融資の場合、融資金残高は1/10でいいです。

自己資本を10倍にして、分子も10倍にするのと同じくらいに威力があります。

保証協会付融資の1%というのは自己資本の面から見ると10%で貸したことと

同じ効果があるので、これはどうかな?という融資に関しては

その保証協会がまず大前提になります。

企業側のメリット

創業して間がない会社さんは保証人がいない場合が結構あります。

資産を持っていたり、企業で働いている身元保証人がいたりするかどうか。

保証人がいない場合、保証協会が保証人の代わりに保証の役割をしてくれます。

もう1つ、金利のメリットがあります。

以前、要注意先の記事で、要注意先の引当金は3%くらいとお伝えしました。

だから銀行が要注意先の会社へ融資を実行するときに最初から利益を出そうと思うと

3%以上の金利で貸さないといけません。

プロパーだと銀行の採算が合いません。

だけど引当金を考慮しても保証協会付融資の場合、

金利が2%くらいになることはよくあります。

なので銀行が要注意先の会社さんに融資をすることに対して

金利3%の融資をするべきところが2%になるメリット。

まとめ

このようにお互いの利害が一致しないようで実は一致してるケースが多いです。

だから取引が成立します。

経済活動ってそうですよね。

資金が欲しい人がいて、その資金を提供したい。

売り物があって買手があってそこの利害が一致するから成立するわけです。

資金を保証付で貸したい、保証協会付融資でもいいから受けたいと思うところが

一致するので、どんどん保証協会制度が拡充してきました。

住宅ローンも全く一緒です。

10%のところが50%になります。

全国保証という住宅ローン保証会社がありますが、

配当をちゃんとしてる保証会社さんなので優良です。

金利1%の部分が10%か50%で融資したことと同じことになります。

そうなってくると住宅ローンは1000万円でも分母に入れるのは大体500万円ぐらいを

繰り入れていることになりますから非常に銀行からするとメリットになります。

今回は「信用保証協会のメリット」についてお話しました。

次回は「保証協会の審査に関する基本的な考え方」をお教えします。

この点については全国共通だと思っておりますので少しでも参考になると思います。

さいごに

チャンネル登録よろしくお願いします!

どんどん増えてきまして非常に嬉しく思います。

今後はいろんな事例やお悩み相談もご紹介していき、

引き続きより良いサービスを提供していきたいと思っております。

 

 
今回の記事に関するお問い合わせはこちらからお願いします。

関連記事

  1. スルガ銀行元本カットの考え方②

  2. アフターコロナだからこそもう一度考えて欲しい社長の役割

  3. 銀行の融資は誰がどのようにして決めてるの?

  4. 【失敗しないM&A③】ローソン✕成城石井のM&Aに見る失敗しない相手の…

  5. 【失敗しない融資申込②】銀行の貸出金「長期債務」について

  6. 【創業起業したい人必見③】絶対に失敗しない計画書の作り方

  7. M&A仲介業者がなぜ必要なのか?

  8. サラリーマンが効率よく社長になる為のM&A③