現役M&A仲介業者が「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい」をレビューしてみた(3/3)

 
今回の記事に関するお問い合わせはこちらからお願いします。

 

みなさん、こんにちは。経営資金に悩んだ時に、一番最初に見るサイトを運営している山本将司です。
前2回で「「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい」という本の関連で、小さい会社を買う時の留意点をお話し、その中でM&Aの事業再構築の代表格として、ライザップのいろんな事業再構築例を提示しました。
今回は実際に私がやったケースを例に、こうやればいいという話をしたいと思っています。

 婦人服の小売業を約500万円でM&A

婦人服の小売業を約500万円でM&Aしましたが、買った会社はPCをけっこう駆使できたので、洋服のレンタル業に切り替えました。名簿を集め、その中から借りたいものは何かのニーズを分析して、結婚式のドレス、ワンピース、かばんなどのレンタルを始めました。

お客さんのほうから来てもらう事業から、お客さんのほうへ配送する事業へと切り替えたんですね。売価500万で全然利益が上がってなくて、せいぜい在庫を引き継いだくらいのものだったんですが、今では年間経常利益が1000万ほど出る会社になっています。

ここから言えるのは、得意なところで勝負しなくてはならないということです。この会社はPCを駆使できたので、サイトの運営や配送などがいろんなところに外注できて、ビジネスモデルを組みやすい体質でした。
もうひとつ、洋服の小売業は仕入れ先をたくさん持っているということ。紳士服を3割程度扱っていましたが、紳士服はやめて婦人服を販売しつつ、洋服のレンタルに切り替えて、レンタルの最低限価格を把握しながら自社サイトを拡大し、それに伴って利益を上げていったという例です。

 お客様の「お困りごと」を「解決する」

ブランドイメージとお客さんの属性を見て、入荷商品の中に有名モデルが着ていたものがあっても、買うには高いというお客さんの「困りごと」を、通販で借りるというビジネスモデルに組み替えて、「解決してあげる」ことで成功したと言う例です。

サラリーマンが独立しようと思うなら、強みとか弱み、今後のチャンス、外部の脅威など、それぞれの事業のSWOT分析を見極めていかなければなりません。
私も独立する際、当初は不動産の管理業をやろうと思っていましたが、多くの法人を見てきた経験で集まってきたのは、お金の悩みの相談でした。そこで、資金の調達、資金をどうやって作るのかというコンサルタントを始めながら、そこから派生する事業再構築のところでM&A仲介業を始めました。

 サラリーマンが失敗しないM&Aの考え方

サラリーマンの経歴は様々なので、事業のスタートが違いますから、あの本を読んで夢のような話だと思う人もいれば、私にもできそうだと考える人もいます。
今後10年間、170万社くらいの後継者がいなくなるというのは事実なんです
海外企業は日本の会社にけっこう興味を持っています。これを見ている人はほとんどが日本人でしょうから、いい会社には日本人が先に手を出すべきだと思います。

今までの3回で、サラリーマンが失敗しないM&Aの買いの戦略の考え方をお話しました。
もし、自分もやってみようかなと思うことがありましたら、問い合わせフォームなどからぜひお気軽にご相談ください。
一人ひとり寄り添って考えるが弊社のモットーですのできっとお力になれることがあるかと思います。どうぞよろしくおねがいします。

 
今回の記事に関するお問い合わせはこちらからお願いします。

関連記事

  1. 【M&Aで独立支援】女性の独立支援をM&Aでできた…

  2. 【資金調達で失敗しないためにしなければならないこと】

  3. 【独立したい人必見!】スタートアップ事業を買ってみよう

  4. 融資も給付金もダメなときに考える銀行に頼らない資金調達と企業再生

  5. 【告知】Batonz×広島銀行共催
    事例でわかる、事業の継ぎ方<…

  6. M&A仲介業者がなぜ必要なのか?

  7. 【M&A基礎】銀行融資の成功率をアップさせる方法③-具体的な実例-

  8. アフターコロナだからこそもう一度考えて欲しい社長の役割